【 MY NOTE 】

MY NOTE:つれづれと綴るもの。


Merry Christmas!  2016/12/25(日)
目立たぬ偉人を賞賛する人に励まされて  2016/12/24(土)
咳を止めてなんとか  2016/12/22(木)
風邪がさらにひどい  2016/12/21(水)
あー 風邪ひどい  2016/12/19(月)


Merry Christmas!

クリスマスだからって特に何をするでもないです。(結婚したら特に)
昨日今日と、漫画を描きつつせっせこ大掃除と布団の洗濯をしていました。


このカットは空の表現が気に入ったのですが、
フキダシで隠れてしまうので惜しくなってフキダシなしの状態を残しておきました。

いつも空を描くときは適当にグラデーションツールでバーバーッと描いてブラシでチョイチョイするだけなので、
仕上がりは割と運しだいです。(おいおい)
調子が悪いときはなかなか決まらなくて何度もやり直すのですが、
運がよければスパッと一発で決まります。
このカットはおかげですぐ仕上がりました。


------------------

クリスマスケーキはなんとなく毎年自分で作っているのですが、
今年は病床に臥せっていたもので、とにかく家にあるもので作るしかなかった。

そういうわけで、適当にレシピ検索して作りました。
サツマイモのチーズケーキ、煮リンゴ入りです。表面にはクラッシュアーモンドをのせました。

サツマイモのチーズケーキ?と半信半疑で作っていたのですが、
出来上がってビックリ、とても美味しかったです。

食べた印象はサツマイモとはわからないのですが、
クリームチーズがいい感じに割られて水増しされた感じ。

クリームチーズ100パーセントのチーズケーキって、割とくどいなぁ… と思って食べるときもありますが、

そういうチーズのくどさが緩和されて、軽く仕上がっていました。
それでいてもちろん芋なので、ボリューム満点。
軽い口当たりだけどしっかり満足できるケーキでした。

レシピはこちらをご参考に:
http://cookpad.com/recipe/687350


サツマイモとチーズって意外と合いますもんね。

先日クリームチーズを混ぜたスイートポテトを適当に作ってみたら夫に大好評でした。
クリームチーズでなくても、普通のピザ用チーズなんかでもいいと思います。
Date: 2016/12/25(日)


目立たぬ偉人を賞賛する人に励まされて

ひどかった咳風邪もだいぶよくなりました。
ちゃっちゃと進めたいのでぱっぱと原稿を描いてアップしています。

-----------------------------

主人公が、目立ちたいあまり論文を乱発して質より量を稼ごうとする研究者がいる 云々
と語っていたくだり、
これは先日読んだ福岡伸一さんの『できそこないの男たち』の中の記述に胸を打たれたので
これに言及するシーンを入れておこうと思って描いたものです。

福岡伸一『できそこないの男たち』
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%9D%E3%81%93%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E7%94%B7%E3%81%9F%E3%81%A1-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E7%A6%8F%E5%B2%A1-%E4%BC%B8%E4%B8%80/dp/4334034748


ネッティ・マリア・スティーブンズという女性研究者が20世紀初頭のアメリカにいました。
男性の性決定因子、Y染色体を発見した人です。

私は福岡伸一さんの本で初めて知った人なのですが、
ウィキペディアで探してみても単独項目はなく、日本ではあまり知られていない偉人なのかもしれません。
でも今年の7月7日に彼女の生誕155周年を記念したGoogle Doodleが出たそうで、
アメリカでは結構知られている人なのかな。

彼女がいた時代、女性の社会的地位は芳しくなく、
研究という男社会において、一層女性研究者の足場は心許ないものだったのでしょう。

彼女はチャイロコメノゴミムシダマシという少々情けない名前の虫を研究対象にしてせっせと解剖観察する日々に明け暮れていました。
なぜその虫かというと、彼女の乏しい研究費で賄えるのがそれくらいしかなかったから。

彼女はチャイロコメノゴミムシダマシの精子の中には、10個の染色体を持つものと、9個+より小さい1個を持つものと2種類あることに気がつく。
これが、その当時まだ性決定について解明されていなかった謎を解き明かす鍵になると信じ、
彼女は気の遠くなるような観察資料の作成のための仕事を延々とこなし続けた。

やがて"9個+より小さい1個"の染色体のうち、小さい1個が男性を決定づけるY染色体であると結論づける。


そうしてネッティは一つの論文を書き上げたのですが、
それに対する福岡伸一さんの温かい、頼もしい賞賛に胸を打たれたので一部原文ままのまま紹介します。



  精子形成についての研究 ---付随染色体に注目して---

こう題された論文は30ページ。ネッティの単著である。
わずかな成果が出るとそのたびに短い論文を書き、そこに関係者全員の名前をずらずらと連ねて、質より量を稼ごうとする今日の学界の習俗から見るとたいへんな大論文だ。




目立ったもの勝ちな風潮をさらりと批判しつつ日陰の偉人を賞賛する姿勢に、とても励まされる気持ちになりました。

福岡伸一さんの本をこれまで何冊も読んできましたが、ネッティを取り上げることが非常に多いです。
(ひょっとすると、毎冊で書かれているかもしれません)

陽の当たらない状況にいても、コツコツと仕事を続けた彼女の誠意、
偉大な大発見に至るまで諦めなかった信念の強さ、地道な努力が導くもの、
そういう萎みがちな大切なことを読者に伝えたいのだろうと感じました。



目立ったもの勝ちと言わんばかりに声の大きい存在に惑わされる、もしくは押し殺した憤懣を感じている人は、
研究の世界でなくても、どんな場合においてもいるんじゃないかなと思います。


競争の原理からいうと、目立たなければ損です。それは間違いありません。
ビジネスの場においては特にそうだよなー と思います。

けれど目立つことに仕事の質が付随しているかというと、それはまた別の話で。


本当の成果を得るためには、継続した時間とたゆまない鍛錬が必要になるのです。
ただしそれは努力が正しいベクトルを向いていること、そして必要な達成量に到達するまでやめない根気があってこそです。
場合によってはスピードも必要なのかもしれません。


自分が今どの位置にいるのか、それを正確に把握するためにも
ときどき小休止して自己反省したり、日々見識を重ねることが大切なんだと考えています。


目標に向かって頑張っている、でも苦しい、褒めてもらえない、つらい、
そういう人の励みになればいいなと思って描きました。


-----------------------------

ところで『できそこないの男たち』、これも大変面白い一冊でした。

生物の基本形は女性であり、母系の遺伝子を別の女に運ぶために男が造られたのだ、という大前提から様々なエピソードが語られています。

基本形の女性を急ごしらえで男性にしたものだから、生物学的には男は弱いのだ。
疾患率は女性より高く、精神的にも弱く、女よりも早く死んでしまうのだ。

男性ホルモン、テストステロンは免疫系を弱める働きがあるそうで(これについてはそのメカニズムはまだよくわからないらしい)
筋トレしている男性が意外と風邪をひきやすいのも合点がいきました。

なんだか男性をいたわってあげたくなる本です。


Date: 2016/12/24(土)


咳を止めてなんとか
ひどい咳のおかげで一睡もできない。
喉や気道が荒れに荒れているのが自覚できる。

あんまりにもアレなので、診療所で処方された大量の咳止め薬でとりあえず咳を止めてなんとかやり過ごしています。

風邪の症状自体は収まっていて、あとは咳が残るだけ。

寝ている状態よりも起きている方が楽なので
(寝る体勢になると気道が塞がって苦しいのです)
体力を消耗してフラフラながら、のろのろ漫画の原稿を描いていました。

というわけで、今日は2ページ更新しておきました。


風邪のおかげで年末のスケジュールが大混乱です。
大掃除なんかさっぱりできてない。
クリスマスの食卓の準備もできてない。(そもそも冷蔵庫がカラだ)

早く回復して早くいろいろこなしていきたいです。
Date: 2016/12/22(木)


風邪がさらにひどい
大したことない、と油断していた風邪をこじらせてえらいことになっています。

もー咳がゲボゲボ
咳のせいで全身の筋肉が痛くなるほど。

おかげで昨晩は一睡もできませんでした。


私は小児喘息を患っていた経緯があり、気管が弱いことをなんとなく自覚しています。
以前も風邪をこじらせ、ひと月近く気管支炎で苦しんだことがありました。
(これはトラウマ級の苦しみだった)

今の状況は、気管支炎一歩手前という感じ。
さすがにこれはまずいと思い、近所の診療所にかかって咳止めを処方してもらいました。

薬のおかげでなんとか無理やり寝付くことはできましたが、
それでもしんどい。 あー 油断したー


夫が料理や食器洗いなどをしてくれるおかげで助かっていますが、
そもそも買い出しができていないので冷蔵庫の野菜室に何にもない。ノービタミン!

今家にある野菜っちゃぁ芋しかねぇよ!
じゃがいも、里芋、サツマイモ…
芋って保存が効いて便利だけど、風邪時にこれしかないとなると過酷だねぇ〜


これで夫婦共倒れになったらマジで死線を彷徨いそうなので
本当に根性入れて直さないと、と ここ2日ほど徹底して安静にしていました。


あああ、明日こそは寝て起きたら元気になっていますように。


今日は冬至なので、ゆず風呂にします。
気管が痛んで咳が出ているときは、お風呂の蒸気で潤してあげるといいそうですね。
(それでも効果は一時的なんだけど…)


Date: 2016/12/21(水)


あー 風邪ひどい
ゆるい風邪だと思っていたものの、ここにきて急激に咳が出てきました。

微妙に風邪をひいていると、何故か異常な集中力が発揮されてメキメキ漫画の原稿のペン入れができたのですが、
それが終わった途端、こと切れたように咳の嵐。

なにやってんだ、おとなしく寝てろよ、というかんじですね。


熱や悪寒はないものの、とにかく咳がひどい。
咳のあまり眠れない。


ああ 明日には元気になっていたらいいな。


体力が回復したらちゃっちゃと更新していきます。
Date: 2016/12/19(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21]
スペース区切りで複数指定可能 OR  AND
最新のMessage


**HOME**
[TOP]
shiromuku(u3)DIARY version 1.52